オランダ語 表現 嗜好品は人それぞれ

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

人それぞれ好みは異なります。特に味覚は年齢とともに変わっていくようです。若いころ好きだったものが嫌いになったり、子供の頃食べられなかったものが今では大好物になったりします。

smaken verschillen

smaken の意味はお分かりになりますね。

Eet u smakelijk!  Smakelijk eten!

食事を始める際にいう言葉、「どうぞ召し上がれ」「楽しい食事を」に相当します。

フランス語の Bon appétit! もオランダではよく使われます。
英語だと Enjoy your meal! でしょうか?


dinner0

smaken = taste  味がする、味わう

Smaakt het? と聞かれることが良くあります。
お味は如何ですか? おいしいですか? ですね。

verschillen も良く使われる単語です。
verschillen = differ  と異なる、と違う

verschillen van = differ from と覚えた方がいいでしょう。英語と同じですから。

スポンサーリンク

Monique:
Wat ik lekker vind? Ja, zoet hè? Geef mij maar een lekker glas cola en koffie of thee met veel suiker. In zomer een ijsje … heerlijk!

さて、Monique の好みは何でしょうか?
heerlijk = delicious とてもおいしい

hè は e の上に ( ` ) が付いています。

これはフランス語の accent grave(アクサン・グラーヴ)です。

hè は英語だと、isn’t it とか aren’t you に相当します。同意を求める時とか、強調したい時に使われますね。日本語だと「ね!」「そうでしょ!」になりますか?

それに対して Bon appétit! の ( ´ )  は、accent aigu (アクサン・テギュ)といいます。オランダでよく見られるのは café  で、この e  の上には ( ´ ) が付きます。

hè の ( ` ) の方は、短く発音します。つまり、カタカナで書くと「へッ」になります。

そして、 café の ( ´ ) の方は、長く発音します。つまり、「カフェー」になります。そして e の方にアクセントがあります。「フェー」を強く発音してください。
また、maar はこの場合の命令的な文を和らげる働きがあり、特別な意味はありません。

Geef mij は、Give me ですね。辞書に出ている形は geven です。
私が何が好きか、ですって? 甘いものに決まっているわ!  おいしいコーラを一杯、それと砂糖のたっぷり入ったコーヒーか紅茶を下さいな。夏はアイスクリームよ。 … とっても美味しいわぁ!

・・・と Monique は言っています。

甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱい、苦いなどの表現は、「オランダ語簡単表現」のページをご参照ください。

スポンサーリンク

Jos:
Er gaat niets boven een haring! Op zaterdag loop ik graag even naar de visboer. De kinderen vinden het ook heerlijk op brood. En ‘s avonds natuurlijk een lekkere borrel of een biertje, dat smaakt wel!

Jos の好み、嗜好は何でしょう?

niets = nothing 何も無い

boven = above より上に
ik loop graag even naar で I like to walk to という意味になります。

visboer というのは、直訳すると fishman になりますが、魚屋さんのことです。昔は魚を獲ってきた人が自分で売っていましたから、その名残でこのように言うそうです。

同様に、kaasmoer、groenteboer という言い方もあります。
それぞれ、チーズ屋さん、八百屋さんですね。

borrel は、borrelen = have a drink という動詞から来ていますが、ここでは biertje、ビールと対比する意味で、jenever、イェネーバ(オランダのジン、焼酎、ジェネーバ)の意味で使われています。

ハーリングに勝るものは無いよ! 土曜日に魚屋さんへ行くのが楽しみだ。子供たちもハーリングをパンにのせて食べるのが好きだよ。そして夜は、もちろん、イェネーバかビールだね。本当においしいよ。

・・・とJos は言っています。


これらの表現を使って、自分の好みを言ってみてください。

さて、プロフィールにも書いてありますが、ハーリングも jenever も大好物です。とても美味しく、大好きです。

ハーリングのほうは、Hollandse Nieuwe  のページを参照してください。

jenever イェネーバ(ジュネヴァとも呼ばれる)は、アルコール度35%ぐらいのさっぱりした飲みやすい焼酎です。飲み方はもちろんそのまま、ストレートがいいです。オランダではビールをチェイサーにして飲みます。

jonge と oude がありますが、oude はちょっと黄色がかっていて、くせがあります。人間と同じで oud は癖があるようです。それに対して、jonge jenever は無色透明(純粋無垢?)です。先ずは jong をぜひとも試してみてください。

日本では、ダッチジンと呼ばれているようですね。
日本で購入できる Jenever

Jos はこれらの jenever を飲んでいます。それぞれ個性があって味は少しずつ異なりますが、甲乙つけがたくどれもとても美味しいです。

Jenever-BolsJenever-HarteveltJenever-HooghoudtJenever-OlifantJenever-Bokma

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★