オランダの風物詩 シンタクラース クリスマス

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

シンタクラース、ツヴァルトピート

11月半ばの土曜日、オランダに Sinterklaas (= Sint Nicolaas) がやってきす。蒸気船に乗って、お供の Zwarte piet (pieten) を引き連れて、はるばるスペインからやって来るのです。

オランダのどこかの町に着き、その日は町中あげての大歓迎、土曜の昼のテレビで全国中継です。子供はもちろん、大人たちも熱狂しています。これからプレゼントをもらう12月5日まで、子供たちはそわそわです。

毎晩、リビングルーム(本当は暖炉ですが、暖炉の無い家がほとんどですので、リビングルームです)に靴を置いて、その中にはシンタクラースへの手紙(プレゼントは何が欲しい、などと書いてある)、シンタクラースへの想いを込めて描いた絵、シンタクラースの馬に食べてもらう ニンジン、などを入れておくと、夜中にツヴァルトピートがやってきて、それらを集め持って行きます。

その代わりに、靴の中にはお菓子を入れておきます。 朝起きると真っ先にリビングルームへ行って、お菓子が入っている靴を発見すると、子供たちは大喜び。前の日、ちょっといたずらっ子だったりすると、お菓子がないこともあり、親は「今日はいい子にしようね。」と言って、ちょっと教育。

スポンサーリンク

こんなことが12月5日まで毎晩続きます。親も大変です。いろいろなお菓子を用意しなくてはならないのです。あまったお菓子を昼間出そうものなら、「あれ、このお菓子、シンタクラースからもらったものと同じだ。なんでここにあるの?」なんて言われて、夢がちょっとつぶれてしまうかもしれません。

そして12月5日夕方、家族全員が集まった夕食後の団欒の最中、突然玄関のドアが乱暴に叩かれます。子供と一緒に玄関へ行ってみると、そこにはもう誰もいません。

でもシンタクラースやツヴァルトピートの絵のついた麻袋が一つ置いてあります。中にはプレゼントが溢れるばかりです。闇に向かって、子供と一緒に叫びます。

“Dank u wel, Sinterklaas!!” (ありがとう、シンタクラース!!)

このような楽しい習慣、うちの子は数年前に終わりました。だいたい 7歳から 8歳ぐらいまでですね。こうやって楽しめるのは・・・。知人の子は今年 9歳ですが、シンタクラースをまだ信じているようです。でも今年で最後でしょう。

話は戻りますが、11月半ばの土曜日にやってきた後、翌日の日曜日には、あちこちの都市や町、村でシンタクラースのパレードが行われます。メルマガの取材のため、Jos もパレードを見に行ってきました。パレードを見たのは数年ぶりでした。子供と一緒にはしゃいでいる親たち、時には親の方がはしゃいでいます。

港(大きな運河にある船の停泊所)に着いたとき、シンタクラースは既に上陸した後、舞台の上で市長と何かいろいろと話していました。前日テレビで見た本物のシンタクラースは眼鏡をかけていなかったぞ、と思いましたけど・・・、そんなこと言うのは、野暮でしょうね。 誰も気にしていません。もちろん子供たちは本物と思っています。

ツヴァルトピートは何故黒いの?という疑問に対しては、暖炉の煙突をつたって降りてくるから、煤で真っ黒けなんだよ、という説明です。ではなんで服は黒く汚れないの?なんて疑問を持つ子はいないですね。

写真でしかお見せできないのが残念です。オランダの風物詩に触れてみてください。

とにかく、毎年のことながら、この熱狂ぶりには感心させられます。国を挙げての一大行事ですね。素晴らしいことだと思います。

ところで、12月25日のクリスマス( Kerstmis )にやって来るサンタクロースは、オランダ語でKerstman (ケルストマン)と言います。シンタクラースとケルストマンは異なりますので、お間違えの無いように・・・。

sinterklaas01
白馬に乗ったシンタクラース、手前にはお供のツヴァルトピートが小さく写っています。

sinterklaas02
パレードの最後尾についたシンタクラース

sinterklaas03
玄関のところにある屋根には、既に麻袋に入ったプレゼントが置いてありました。

sinterklaas04
パレードの沿道の家々には、オランダ国旗が数え切れないほど掲げられていました。

sintzwartp01
この二人のツヴァルトピート、可愛かったですよ。ついつい、一緒に撮らせてもらいました。

sinthaven01
シンタクラースが着いた港。蒸気船はここには停泊せず、どこかへ行くようでした。遠くの方にシンタクラースが乗ってきた船が見えます。

sinthaven02
小さな港ですが、こんなに大きな船も停泊しています。

スポンサーリンク

シンタクラースの日  Sinterklaasavond

12月5日はシンタクラースの日。その夜、子供たちはシンタクラースからたくさんのプレゼント( cadeaus )をもらいます。そして、大人は親しいもの同士集まって、詩( gedicht )を添えたスプリーズ( surprise )や cadeau を交換します。Siterklaas avond や pakjesavond パキェスアーフォントとも呼ばれています。

gedicht は韻を含んだ十数行から数十行にもなる立派な詩です。オランダ人ってみんな詩人なんだ、素晴らしい、の一言です。でも結構みんな悩んでいるようですね。最近はインターネットで gedicht generator というようなサイトもあって、多くの人が活用しているそうです。

スプリーズは、贈る相手の性格とか、趣味とか、時にはジョークも含んだ手作りの創造物です。日本で言うところの小学生の夏休みの工作物、程度なのですが、時にはびっくりするような素晴らしいものがあります。オランダ人は創造力にも長けているようです。

Jos は詩どころか、小学校の図工の成績は 3 だったので、とても創造的な工作物は作れません。毎年とても悩んでいます。それでも毎年英語でレターを書いていたのですが、今年はオランダ語で短いレターを書きました。

多少なりともオランダ語を勉強している成果が出てきたのかもしれません。今年 Jos がシンタクラースからもらったプレゼントはなんと最新版の蘭々辞典。もっとしっかり勉強しろ、と言われているのですね。

知人の娘さん(9 歳)のところにもシンタクラースからたくさんのプレゼントが届きました。麻袋二つに溢れるばかりのプレゼントでした。その娘が自分の父親のために作ったスプリーズ、立派なものでしたよ。

sintcadeau0
麻袋二つに溢れるばかりのプレゼント。

sintsurprise0
大きな家がほしいという父親へのスプリーズ。全て食べられるもので作ったお菓子の家です。

クリスマス  Kerstmis

さて、シンタクラースが終わって、次に来る行事は御存知クリスマス( Kerstmis )ですね。クリスマスは、日本やアメリカではサンタクロースがやってきて、プレゼントをもらえる日として定着しています。

でも、オランダではキリストの誕生を祝う、という本来の意味が強くて教会でミサを行い、 家族や親戚と一緒に静かに過ごす、というのが一般的です。プレゼントも本来は、恵まれない人たちへの富の配分を行うという、慈善活動的な要素が強かったのだと思います。

この時期になると、いろいろな寄付の要請が来ますから。オランダ人は、一般に「ケチ」と言われていますが、やはり宗教色が強いのか、 慈善活動は活発で、寄付にはたいへん気前がいいです。

それにプレゼントの方は、12月5日のシンタクラースでたくさんもらっていますから、それで終わりです。サンタクロース( Kerstman )までやっていたら出費が大変です。

また、この時期、オランダの会社では従業員に Kerstpakket というちょっとしたプレゼントを配ります。中味は家族で食べられるようなパスタ類やクラッカーなどとワインだったり、時にはセーター(フリース)だったりといろいろですが、これも基本的には Kerstman からのプレゼントではなく、会社の慈善活動の一種ではないかと思います。

もちろん職についているのですから、職のない人に比べればはるかに恵まれているわけですが、Kerstpakket で Kerstmis は平等に、そして静かに家族で過ごす、というためのものだと思います。

さて、町はイルミネーションやクリスマスツリーで飾られ、家々にも様々な飾り付けが行われます。これはオランダも日本も同じです。

でも、おそらく日本ではあまり見かけないものが、以下の写真の模型、Kerststal と言います。キリスト生誕の馬小屋の模型です。特にカトリックの地域ではこのような模型があちこちで見られます。

家ではこのような小さなものですが、商店や教会では等身大の大きなものやオランダ人よりも背の高い Jozef 像の Kerststal があったり、ライブ( Jozef, Maria, Christ の像は模型だけど、馬や羊、ヤギなどの動物は本物 )の Kerststal あった様々です。

kerststal01
高さ10cm程度の小さな人形で出来たのクリスマスの馬小屋( Kerststal )

kerststal02
小さいけれどよくできていると思います。

kerststal03
町の中央広場にドカッとおいてありました。

kerststal05
上の Kerststal よりは小さいですが、こちらの方が綺麗です。夜撮ったのでボケてしまいました。ボケたおかげ?で、少しリアルに見えるでしょう。(ウィンドウの向こう側(店内)においてあるため、 昼間はウィンドウにいろいろな景色が反射して写真が撮れなかったです。)

kerststal06
教会の Kerststal です。やはり本格的ですね。

kerststal07
Jozef, Maria, Christ像。上の写真の馬小屋の中。

kerststal08
Christ を訪問する Driekoningen(三人の王様)

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★