オランダの美味しいチーズ

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

オランダのチーズって本当に美味しいですよね。メルマガにも書いたことがありますが、オランダに来てからチーズが大好きになりました。

何で日本のチーズとこんなに違うの?って昔(20年ぐらい前)よく思ったものです。でもその頃は理由が分からなかったです。

子供の頃日本で食べていたチーズといえば、銀紙(アルミホイル)で包まれた四角や円を六等分したぐらいの形のチーズ、または小中学校の給食の時間に出てきた透明のビニルチューブに入ったチーズだけでした。

石鹸のような形をしたのもありましたよね。作っている人には申し訳ないですが、正直言って本当においしくなかったです。今でもあるのかな?

オランダに来た当初もその先入観があったためか、好んで口にすることはなったです。でもいつの頃か、その味、オランダのチーズの味、その美味しさが分かるようになりました。

口の中でとろけるような甘さ、なんともいえない美味しさです。

うんちく(薀蓄)を述べるつもりはありませんが、調べたことやチーズにまつわる話、経験などを書いてみようと思います。

まずはチーズの種類。大きく分けるとプロセスチーズとナチュラルチーズというのがあるのですよね。そして、このプロセスチーズというのが、昔子供の頃、 よく食べさせられたチーズでした。

スポンサーリンク

プロセスチーズは、数種類(時には一種類)のナチュラルチーズと乳化剤(成分が分離するのを防ぐため)を混合し、加熱してつくったものです。

何故こんなことをするのか、というと、加熱段階で細菌が死んで、長期保存ができるようになり、味も均質になるというメリットがあるそうです。

加熱することで酵素は破壊されてしまうので、熟成はしなくなります。

またいろいろな味付け(にんにく味だとか、しょうゆ味?だとか)が可能とのことです。

確かに子供の頃、家の冷蔵庫の中に石鹸のようなチーズが何ヶ月も放置して あったけどカビも生えずに残っていましたね。

今食べているオランダのチーズは冷蔵庫に入れておいても一週間ぐらいでカビが生えてしまいます。保存の仕方が不味いかな?

次はナチュラルチーズ、これが今オランダで食べているチーズです。生乳を殺菌し冷却してから、乳酸菌と乳を固めるレンネットという酵素を加えて固形状にします。

そのあと、いろいろな工程を経て、余分な水分などが除かれて作られるそうです。必要以上の熱をかけていませんので、乳酸菌が生きたままで封じ込まれているのが特徴だそうです。

この乳酸菌がおいしいチーズを作り、チーズを熟成させていく、これが最大のナチュラルチーズの魅力です。

ブルーチーズやカマンベールのようなカビを働かせて作るチーズも ナチュラルチーズの仲間です。


オランダの観光地では、あちこちでチーズを作っている工程を見せてくれます。何度かみたことがありました。

それから、チーズは美味しいだけではなく、健康にも良いです。

カルシウムがたっぷり含まれていることは皆さんご存知ですよね。乳製品の摂取量が少ないと日本人は、もともとカルシウムの摂取量が少ない、と言われています。

チーズはそれを補ってくれます。牛乳1リットルから約100グラムのチーズが取れます。ですから単純計算すれば 栄養価は10倍になります。

長女は牛乳アレルギーでした。母乳(基本的には成分は同じなのでしょうか?)も受け付けず、赤ちゃんの頃は豆乳で育てました。そんな娘もチーズは問題なく、大好きです。

ですから、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする、という方もチーズなら大丈夫です。牛乳に含まれているそのゴロゴロの原因である乳糖は、チーズの製造過程で乳酸菌によって分解 されてしまうそうです。

スポンサーリンク

さて、ここで少しオランダ語も一緒に勉強してみましょう。

De meeste Nederlandse kazen zijn harde of halfharde kazen. Ze zijn er van jong tot overjarig, maar hoe jong is nu jong en hoe oud is nu oud voor kaas?

オランダ語でチーズは kaas です。複数形は kazen。一口にチーズと言っても、その熟成の期間や乳脂肪分の量によって味が違います。

Licht- of jongbelegen kaas
(かるい、もしくはわかい熟成のチーズ)
rijpt twee maanden
(熟成期間は2ヶ月程度)
Belegen kaas
(熟成されたチーズ)
rijpt vier maanden
(熟成期間は4ヶ月ぐらい)
Extra belegen kaas
(さらに熟成されたチーズ)
rijpt zeven maanden
(熟成期間は7ヶ月ぐらい)
Oude kaas
(アウデチーズ)
rijpt tien maanden
(熟成期間は10ヶ月ぐらい)
Overjarige kaas (brokkelkaas)
(年月を経たチーズ)
rijpt 12 tot 24 maanden
(熟成期間は12ヶ月から24ヶ月)

あと、オランダでは乳脂肪分の量の表記があります。+20とか+48 のように表示してありまして、数字が大きくなるほど脂肪分が多くなります。つまり、リッチな味を求める人は数字の大きいものを、お腹の脂肪が気になってダイエットしなくてはいけない人は数字の小さいものを選ぶようにして下さい。

Jos のお薦めチーズ

オランダを代表するエダムとハウダ(Gouda と書き、オランダ語で発音するとハウダ、日本ではゴーダと呼ばれています)、どちらも美味しいです。白カビタイプのカマンベール、ブリー、モツァレラ、大好きです。

そして、ゴルゴンゾーラ、いわゆるアオカビチーズです。これは非常にくせがありますが、それがまた美味しい。ぜひともお試し下さい。

昔日本でどうしてもオランダのチーズが食べたくなり、あちこち探した覚えがあります。東京の青山にある高級食材スーパーまで買いに行ったことがありました。値段も 高級でしたが・・・。

最近は日本でも安く手に入るようです。ぜひとも食べてみてください。
こちらで購入できます。

チーズを食べるとワインが飲みたくなる。Jos の好みはボルドーです。

そしてワインを飲むとオリーブが食べたくなる。オリーブもくせがあって、オランダ人でも嫌いな人が多いです。オリーブもなかなか日本では手に入らないのではないでしょうか?ガーリックの入ったオリーブは最高です。

そうそう、やぎのミルクから出来たチーズを忘れていました。ギリシア風のサラダには必ず入っています。大好きです。でも名前は知りませんでした。フェタチーズと言うそうです。 オリーブの中にも入っていますね。

日本にいてもこれらが食べられるようになりました。高級食材スーパーまで買い出しに行かなくてもいいようです。便利になりましたね。

オランダにいらしたら一度はチーズ市も見ていってくださいね。有名なのはアルクマール(Alkmaar)の市。夏の間の毎週金曜日の午前中に開催されています。

その他、チーズで有名なハウダやエダムでも開催されています。アルクマールの市は有名なので観光客も大勢です。楽しいですよ。

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★