アンネ・フランク一家も収容されたヴェステルボルク通過収容所 Kamp Westerbork

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

オランダ北東部、ドイツ国境にも近いドレンテ州のヴェステルボルク郊外にこの収容所はありました。ここはオランダのユダヤ人らが一時的に収容される通過収容所で、彼らはここからドイツやポーランドの強制収容所や絶滅収容所へと移送されました。

westerbork3
ヴェステルボルク通過収容所からの移送先

現在ここには犠牲者追悼のための資料館があり、また収容所が建てられていた敷地も保存されており、その暗い歴史に触れることができます。

記念館では、特に犠牲となった人たち、一人一人の話に焦点があてられた展示となっています。

Kamp Westerbork is het verhaal van moord op 102.000 keer één mens: een moeder, een vader, een opa, een grootmoeder, een oom, een tante, een broer, een zus, een zoon, een dochter, een neef, een nicht, een vriend, een vriendin, een buurman, een klasgenootje… En het is het verhaal van 5.000 overlevenden.

「ヴェステルボルク通過収容所は、102.000回一人の人間が殺害された話です。母親、父親、祖父、祖母、おじ、おば、兄(弟)、姉(妹)、息子、娘、甥、姪、友達、女友達、隣人、級友 … そしてそれは 5.000人の生存者の話です。」

westerbork5
粗末なベッド

westerbork4
収容所の室内

スポンサーリンク

歴史

Tussen 1942 en 1945 zijn door de Duitse bezetter vanuit kamp Westerbork meer dan 100.000 joden weggevoerd. Dit kamp was in 1939 gebouwd als Centraal Vluchtelingenkamp voor uit Duitsland gevluchte Joden. In 1942 werd het een Durchgangslager, een verzamelplaats voor in Nederland levende Joden. Vanuit kamp Westerbork werden zij, evenals Duitse vluchtelingen, 245 Sinti en Roma, en enkele tientallen verzetsstrijders naar vernietigingskampen als Auschwitz en Sobibor gedeporteerd. 93 Keer vertrok zo’n transport; slechts 5.000 gedeporteerden kwamen terug.

「1942年から1945年の間、ドイツ軍の占領によってヴェステルボルク通過収容所から10万人以上のユダヤ人が移送された。この収容所は(当初はナチ支配の進む)ドイツから逃れてくるユダヤ人難民受け入れのための中央難民収容所として1939年に(オランダ政府によって)作られた。そして、1942年にはここはオランダで生活していたユダヤ人の通過収容所となった。ヴェステルボルク通過収容所からはドイツ難民と同じように、245人のシンティ・ロマ人、及び数10人のレジスタンスもアウシュヴィッツやソビボルのような絶滅収容所へと移送された。そのような移送は計93回行われ、生存者は5000人のみである。」

「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクとその家族、1944年8月4日にアムステルダムの隠れ家で発見された後、8月8日からここに収容されました。アンネ・フランクはここに約一カ月収容されたのちドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送されました。

収容所跡地

2km余り先の収容所跡地へは車で行くことはできません。徒歩か自転車、もしくは記念館から出ているバスに乗って行くかです。天気が良ければ散策にはちょうど良い距離です。

westerbork2
最初に目に入ってくるのは移送に使われた貨車の再現モデル

westerbork6
収容所全体の模型。広大な敷地で普通の町のように学校や診療所などが作られていたとのこと。

westerbork7
犠牲となった人々、102000人の石碑

westerbork9
再現された収容所のバラック

westerbork8
再現された監視所跡

westerbork1
Het Nationaal Monument Westerbork(国定の記念碑)である切断された線路や枕木など。

Aan het eind van de negentig meter lange rails heeft Ralph Prins met zo weinig mogelijk middelen willen tonen dat er op deze plek iets verschrikkelijks is gebeurd. De omhoog gekrulde rails drukken de wanhoop uit, ze zijn bewerkt alsof er op geschoten is. De spoorbielzen laten de vernietiging zien. Hoe dichter bij het eind, hoe meer ze versplinterd zijn. De rails rust op 93 bielzen die verwijzen naar het aantal transporten dat vanuit kamp Westerbork vertrok. Vier bielzen die los liggen van de rails symboliseren vier transporten die van elders naar Oost-Europa vertrokken.

「この場所で恐ろしいことが起きたことを示すために設計者のラルフ・プリンス(生存者の一人)は、90m の線路の最後の部分をできるだけシンプルにした。上に曲げられたレールはまるで撃たれたかのように傷つき、絶望を表現している。枕木は破滅を示している。最後の部分に近づくほど、それらはバラバラにされている。線路は93本の枕木に載っているが、それはこのヴェステルボルク通過収容所からの移送の数を示している。線路が載っていない(上に曲げられた線路下の)4本の枕木はそのほかの場所から東欧への移送数(4回)を示すもの。

アムステルダムの「アンネ・フランクの家」を訪れた後はこちらにいらしてみては如何でしょう? 人それぞれ感じることがあり、オランダ観光の印象が一層深いものになると思います。

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★