多くの子供たちも犠牲に・・・Kamp Vught ヴフト強制収容所

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

第二次世界大戦中、オランダ国内にはナチスドイツによる強制収容所が三カ所ありました。Kamp Westerbork(ヴェステルボルク通過収容所)、Kamp Amersfoort(アメルスフォールト強制収容所)、そしてここ Kamp Vught(ヴフト強制収容所)の三カ所です。

kampvught1

Kamp Vught ヴフト強制収容所は、オランダ南部ノールトブラバント州の州都である ‘s-Hertogenbosch 近郊の町 Vught にありました。

現在は、犠牲者追悼の資料館と敷地の一部に記念碑や復元されたバラックなどがあり、その悲惨な歴史を垣間見ることができます。

特に1269人の子供たちの名前の書かれた記念碑には心を打たれます。1943年、ほとんど生まれたばかりの赤ちゃんから16歳の子供まで 1269人がゾビボル絶滅収容所へと移送され、ほとんどそのままガス室送りでした。

この資料館では、その子供たちの移送と密閉の悲劇に対して特に注目しています。

Aan het bunkerdrama en de kindertransporten wordt in Nationaal Monument Kamp Vught extra aandacht besteed.

スポンサーリンク

歴史

Als in januari 1943 de eerste gevangenen naar concentratiekamp Vught komen, is het nog niet af. De veelal verzwakte gevangenen moeten het zelf afbouwen. Konzentrationslager Herzogenbusch heet het kamp officieel. Het is het enige SS-concentratiekamp in Nederland.

「1943年1月、最初の囚人たちが(アメルスフォールト強制収容所から)ヴフト強制収容所に移送されてきた。収容所はまだ完成しておらず、多くの囚人たちは既に弱っていたのにもかかわらず、収容所建設を行わなければならなかった。ドイツ語の正式名称は Konzentrationslager Herzogenbusch(ヘルツォーゲンブッシュ強制収容所)で、ここはオランダ唯一のナチス親衛隊(SS)管理運営の強制収容所であった。」

ヴフト強制収容所は、第二次世界大戦中のナチドイツ国外にある唯一つの SS強制収容所でした。この収容所はドイツの収容所のモデルとして建てられ、ベルリンにあった SS本部の指令下に置かれていたとのことです。

収容所建設の頃の環境は非常に劣悪で、最初の数カ月で数百人の生命が犠牲になりました。

1943年1月から1944年9月までの間に31000人以上の人々がここに収容されました。オランダはもちろん、ベルギーやフランスから連れてこられた人もいます。

Joden, politieke gevangenen, verzetstrijders, Jehova’s Getuigen, gijzelaars, studenten, zwervers, zwarthandelaren, en criminelen worden in Kamp Vught opgesloten. Soms kort, soms lang. Voor het gros van de gevangenen is Vught een tussenstation. De 12.000 joode gevangenen komen bijna allemaal om in vernietigingskampen.

「ユダヤ人(約12000人)、政治犯、レジスタンス、エホバの証人、人質、学生、浮浪者、闇取引を行う者、そして犯罪者たち(計約19000人)がヴフト強制収容所に収容された。何人かは短期で、また何人かは長期にわたって。多くの収容者にとって、ヴフト強制収容所は通過点だった。12000人のユダヤ人ほとんど全員が、絶滅収容所へ送られるためにヴフト強制収容所に連れてこられた。」

収容所内では 750人以上もの子供、女性、そして男性が飢えや病気や虐待により死にいたり、また収容所外部にもあった射殺場でも処刑されました。

追悼記念碑

In het crematoriumgebouw is de cel gereconstrueerd waarin zich op 15 januari 1944 het bunkerdrama afspeelde. Aanleiding is een protest tegen de kampcommandant.
Voor straf laat hij vierenzeventig vrouwen in één cel opsluiten. Ze worden samengeperst op negen vierkante meter, zonder ventilatie. Na veertien uur gaat de deur weer open. Tien vrouwen overleven het niet.

「焼却炉のある建物に、1944年1月15日の密閉の悲劇に使われた部屋が再現されている。収容所の指揮官に背いたのがきっかけだった。
罰として74人の女性が一つの部屋に閉じ込められた。彼女らは、換気の無いたった9平方メールの部屋に押し込まれたのである。14時間後にドアが開けられたが、10人が亡くなった。」

kampvucht-bunkerdrama
74人が閉じ込められた部屋

Het kindergedenkteken met daarop 1269 namen herinnert aan de kindertransporten van 1943. Aan de ouders wordt verteld dat de joodse kinderen naar een speciaal kinderkamp gaan. Op 6 juni vertrekken de kleintjes tot 3 jaar. Een dag later stappen de 4- tot 16-jarigen op de trein. Meestal gaat één van de ouders mee. Bijna allemaal worden ze na een reis van drie dagen meteen in Sobibor vermoord.

「1269人の名前が刻まれている子供追悼記念碑は、1943年の子供の移送を痛み悲しむものである。特別な子供収容所へ送られたユダヤ人の子供たちの親に対するものである。6月6日、3歳までの幼児たちが移送された。翌日は4歳から16歳までの子供たちが乗った列車が出発した。多くは両親のうちの一人が一緒だった。三日間の旅でソビボルに到着した後、ほとんど全員直ちに殺害された。」

kampvught3
子供たちの追悼記念碑

kampvught3-1
1269人の名前とその年齢が刻まれています。

展示品、バラック、他

資料館内では様々な展示品で収容所の様子を知ることができます。

また資料館の外にはバッラクが二棟あり、そこでは収容所の想像を絶する厳しい生活に触れることができます。

kampvught4
囚人服

kampvught8
Kamp Vught の模型

kampvught-overview
Kamp Vught 全景

kampvught5
木製の三段ベッド

kampvught12
麦わらのマットレスと枕、それと洗濯したこともない汚れた毛布が一枚。毎朝きちんとベッドメーキングしなければいけないとのこと。

kampvught14
シャワーを使えない日に体を洗うところ。

kampvught15
衛生状態は非常に悪かった。シャワーを浴びることができたのは10日に一度だけ。他の日はここで体を洗った。でも、240人が一緒、許されている時間は30分間だけ。一つの蛇口を8人で共用、しかも蛇口からは出てくるのは冷たい水だけ。

kampvught-toilet
プライバシーは全く無いトイレ。でもここは落ち着けた。監視員がほとんど来なかったから。収容された人たちはここで静かに座っていたり、タバコを吸ったり、他の人とおしゃべりをしていた。

kampvught9

kampvught10
焼却炉と死体運搬車

kampvught11
解剖に使われたテーブル

バラック1B

Kamp Vught ヴフト強制収容所の資料館から 400-500m 戻ったところにこのバラック1B はあります。Kamp Vught で最後まで残ったバラックです。内装は変わっていますが、外壁は当時のままのようです。

ここでは、”Als muren konden spreken”(もしも壁が話をすることができたなら)という展示が行われていて、戦時中、及び戦後を通じて、4つの期間で別々の顔を持った Kamp Vught の歴史を学ぶことができます。

barak1b-0
何万にもの人々がここに来ましたが、誰一人としてここに来たくて来た人はいません。この建物、バラック1B の壁はその歴史の証人です。

1943年 – 1944年:上で述べた het concentratiekamp 強制収容所

1944年 – 1945年:het opvangkamp voor Duitse burgerevacués uit het grensgebied 国境近辺からのドイツ難民キャンプ

1944年 – 1949年:het interneringskamp voor NSB’ers, van collaboratie verdachte Nederlanders en Rijksduitsers NSB(de Nationaal-Socialistische Beweging in Nederland オランダ国家社会主義運動)党員、オランダ人の協力者、及びナチスドイツの言うところの「ドイツ国民」の収容所

1951年以降:woonoord voor Molukse ex-KNIL-militairen en hun gezinnen オランダ東インド軍所属のモルッカ(インドネシア)人とその家族の居住地。KNIL は Koninklijk Nederlandsch-Indisch Leger、インドネシアを植民地として統治していたオランダ軍。

barak1b-2
館内の様子

barak1b-1
展示

Nationaal Monument Kamp Vught にいらした方は、バッラク1Bも訪れてみては如何でしょうか? 日本の学校ではほとんど教えてくれない暗い歴史を学ぶことができます。

バラック1B の開館日は今のところ水曜日と土曜日、日曜日だけです。開館日や行き方などの詳細はこちらの公式サイトで確認してください。

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★