オランダ語 簡単会話 チーズ屋さんで買い物

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

前回は八百屋さんで買い物をしました。こういうお店だといろいろと話さなくてはならないので、大変です。

その点、スーパーマーケットは楽です。ほしいものを買い物かごやカートに入れて、レジのベルトコンベアに載せて、会計してもらって、支払い、自分で商品を自分の袋に入れて持って帰るだけ。ほとんど会話する必要はありません。

日本のようにただでもらえるスーパーマーケットの袋(最近は有料のところも増えてきましたか?)はありませんので、自分で袋(エコバッグ)を持っていってください。忘れた人は、レジの近辺に置いてあるダンボール箱(これは無料です)に入れて持って帰るか、もしくはお金を出して袋を購入するか、です。

supermarket

レジの女の子やお姉さん、おばちゃん(時には男の子)と

Goedemorgen! フーデモルヘン!
Goedemiddag! フーデミダッハ!
Goedenavond! ヅーデアーヴォント!

とその時間に合わせて軽く挨拶を交わして、そのあと、「いくらですよ」って言ってくれるから、現金を出して支払うか、

Pinnen, alstublieft. ピンネン、アルストゥブリーフト

もしくは

Ik wil met pin betalen. イク ウィル メット ピン ベターレン

と言って、銀行のカードで支払えば終わりです。非常に単純な会話で済んでしまいます。

スポンサーリンク

この銀行カードでの支払いは便利です。カードを機械に差し込んで、PINコードを入れれば終わりです。オランダ中のほとんどのお店で使えます。また、この銀行のカード(もしくはクレジットカード)がないと自動販売機を使って電車(NS、Nederlandse Spoorwegen)の切符を買うこともできません。駅の窓口で電車の切符を買うと手数料(現在は0.5ユーロ)取られてしまいます。

さて、安くて、新鮮なので、いろいろ買いたいものがあるのですが、たくさん話をしなくてはならないし、順番待ちの番号札システムも無いし、(訛りがひどかったりして)訳の分からないオランダ語で大声でまくし立てられて結構大変なのが、週に一回広場で開かれるオープンマーケット(de market)。

慣れないうちは、買い物はなかなか難しいです。

A: Mevrouw, zegt u het maar.
B: Een stuk belegen kaas, alstublieft.
A: Hoe zwaar mag dat zijn?
B: Anderhalf pond.
A: Eh, ietsje meer, mevrouw.
B: O, dat geeft niet.
A: Anders nog iets?
B: Een pakje boter en tien eieren.
A: Grote of kleine?
B: Doet u maar grote. Hoeveel is het?
A: Dat is dan eh …. 15,35.
B: Kunt u 50 euro wisselen?
A: Hebt u het niet kleiner?
B: Nee, ik heb helemaal geen kleingeld.

どうでしたか? 大体お分かりになりましたか?

kaas2

チーズなどの乳製品や卵を売っているお店です。Kaasboer と言います。オープンマーケットにもありますが、普通のショッピングセンターにもありますね。いろいろなナッツやオリーブなども一緒においてある店もあります。ビールのおつまみを売っている店、ということになりますか?

Zegt u het maar.
今まで何回か出てきました。もう覚えたでしょう。

kaas はチーズです。チーズは美味しいですね。オランダに来てからチーズの美味しさが分かるようになりました。

belegen = matured 熟成させた、です。

一口にチーズと言っても、その熟成の期間や乳脂肪分の量によって味が異なります。

熟成期間で分類すると

Jonge kaas 熟成期間は 4 週間
Jong belegen 熟成期間は 8 – 10 週間
Belegen 熟成期間は 16 – 18 週間
Extra belegen 熟成期間は 7-8 ヵ月
Oude kaas 熟成期間は 10-12 ヵ月
Overjarige kaas 熟成期間は 12 ヵ月以上

乳脂肪分で分類すると

種類 水分量 乳脂肪
60+ Roomkaas 40% 36%
48+ Volvette 42% 28%
40+ Minder vette 44% 23%
30+ Vetarme 47% 16%
20+ Magere 47% 11%

数字が大きくなるほど脂肪分が多くなります。

つまり、リッチな味を求める人は数字の大きいものを、お腹の脂肪が気になってダイエットしなくてはいけない人は数字の小さいものを選ぶようにしましょう。

anderhalf = one and a half つまり、1,5 です。

pond = pound 正確には、0,4635kg ですが、オランダでは通常 0,5 kg を 1 pond とします。もちろん een halve kilo, vijfhonderd gram と言ってもいいです。

ちなみに250 g、これは een half pond です。
de kilo, het pond ですので、halve, half となります。

Kaasboer では、大きなチーズをこれまた大きなナイフで切ってくれて、好きな量だけ購入することができます。目分量で切りますので、Anderhalf pond. と要求してもぴったり750 g というわけにはいきません。多少誤差が出てしまいます。

スポンサーリンク

それから、この表現、

Dat geeft niet. もしくは、Het geeft niet.

これは便利な表現です。

英語だと、It doesn’t matter. かまわないよ。かまいませんよ。

よく使いますね。覚えましょう。英語でも最初の It は、ほとんど聞き取れないくらいの発音です。

オランダ語でも、Dat(Het) は、言ってるのかいないのか分からないくらいです。カタカナではうまく書けませんが、

ット ヘーフ(ト) ニート。というような発音になります。

eieren = eggs です。「卵」の複数形ですよ。

単数形、egg は何でしょうか?

ei です。こういう名詞はいくつかあります。見かけたらその都度覚えてください。オランダ語基礎講座にも載せてあります。

例えば子供(たち)は、kind(kinderen)です。

そして、もう一つ、この表現

Ik heb helemaal geen kleingeld.

I do not have any small money at all.

全く何も無いよ、って、いろいろ使えそうですね。

A: 奥さん、何にいたしましょう?
B: 完熟のチーズを一かたまり下さい。
A: (重さは)どのくらいですか?
B: 1,5ポンド下さい。
A: う~ん、ちょっと多くなりましたが。
B: あ、それでかまわないわ。
A: 他に何か?
B: バターを一つと卵を10個下さい。
A: 大と小がありますが。
B: 大にして下さい。いくらですか?
A: え~と、15ユーロ35です。
B: 50ユーロでお釣りありますか?
A: もっと小さいの無いですか?
B: ないわ、小銭は全然無いのよ

ここではこれらの表現を覚えましょう。

Dat geeft niet.
Het geeft niet.
Ik heb helemaal geen ****.

koe
あまり知られていないかもしれませんが、オランダには旬のチーズがあります。
Graskaas フラスカースと言って、こういうものです。

Graskaas: Jonge kaas die gemaakt wordt van de melk die de koeien geven als ze in het voorjaar weer naar buiten gaan.

Graskaas1

冬の間、牛は牛舎に閉じ込められ、自由に歩き回ることができません。冬が開け、暖かくなってくると、牛は牛舎から牧草地へ出してもらえます。初めて牛舎から放たれた日、牛がはしゃぎまわるのを御存知でしょうか? まるでダンスを踊っているようなのです。Koeiendans、牛のダンスと呼ばれています。

Graskaas2

そして、一年で最初に伸び始めたばかりの青々とした牧草(干し草ではなく)を食べ、その最初のミルクで作った Jonge kaas を Graskaas と呼んでいます。とてもフレッシュで美味しいです。5月の半ばぐらいから三週間ぐらいしか購入できない旬のチーズです。上の写真にも seizonsproduct! って書いてありますね。

スポンサーリンク
★合わせて読んでおきたい★
★合わせて読んでおきたい★

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちらです★